甲子園に向けて群馬大会が始まりました。
甥は三年生で、今年が最後の挑戦でした。
でも、怪我や体調不良が続き・・・・背番号は貰えなかったのです。
この時のために一生懸命頑張っている姿を見ていたので、どんなに悔しかろうと思うと胸が締め付けられます。
しかし、甥が母親に送ったメールは素晴らしいものでした。

「背番号は貰えませんでした。
今まで支えてくれてありがとう、感謝しています。
自分の出来る事をして行くので、応援よろしくお願いします。」

甥の逞しい成長を感じて、感動で涙が止まらなくて、妹と一緒に泣きました。
甥を預かって、幸せのお裾分けを貰っています^^

心の充電が満たされた状態で製作に取り組んだら、温かい表情の人形が生まれてくると思います。
さて、製作に戻ります。
a0134289_16173657.jpg

[PR]